夕日と海

災害時にも使える

太陽光発電設備の設置が飛躍的に増加した要因の一つに国による固定価格買取制度の導入があります。
この制度により一定期間発電した電力を固定価格で買い取ってもらえるというものです。
とはいえ買取価格は設置容量や目的によって異なるほか一年ごとに更新されます。
この更新により年々売電価格は下落しているのです。
ですから導入するか迷っている場合には早い時期に導入することでより高い価格で電力を売却できるのです。
とはいえ売電価格が高いからと安易に設備を導入することはリスクのある行為です。
売電する為には電力会社の定めた料金プランにする必要があります。
電気をよく使用する時間帯によってはプランを変更するだけで支払う電気代が高額になってしまうケースもあるからです。

既存の住宅に設置する場合、屋根の形状や向きにより設置できるパネルの容量が決まります。
当然屋根の形にも向いている屋根形状というものが存在します。
一般的に切り妻と呼ばれる屋根形状で北と南に瓦が乗っていて東西が妻面となっている住宅にはより大容量のパネルを設置することが可能です。
この他にも片流れと呼ばれる形状で南面が低く北面に向かって登っている屋根形状の場合これ以上ないというくらいパネル設置に向いている屋根形状です。
逆に寄棟と呼ばれる四方から建物の中心に向かって屋根が乗っている形状の場合少し不利なのです。
効率よくパネルを設置しようとした場合設置可能な容量が小さくなってしまいます。
既存の住宅に設置する場合には自宅まで業者に足を運んでもらい自宅にどれだけの容量の設置が可能かを調べてもらうことも重要です。

太陽光発電を住宅に導入するメリットと様々な活用法