太陽光発電

メーカーの補助もある

以前は産業用やインフラが整っていない地域での電力供給、もしくは緊急時のエネルギーとしての利用が主でしたが、福島原子力発電事故以降、原発に代わるサブエネルギーとして注目を集めるようになりました。
そういった理由での補助金の投入や中国製品などの参入による価格の低下によって太陽光発電の大衆化が進んでいます。
例えば、設置を行う店はかなりの数となってきていますしマンションや工場などでの利用も以前より進んでいます。
また現在においては太陽光発電を売電ではなく、生活に使う主電力と位置付けたエコ重視の住宅というのも生まれてきており、主流になっているとは言えませんが、今後注目を注目を集めるのは間違いないと言われています。

個人が設置できる自然エネルギーの中では太陽光発電が最も主流であり、小規模でも確実な発電を見込める方法ではあるのですが、他の方法が出来ないという訳ではありません。
例えば、川沿いの町などでは小規模な水力発電施設も珍しくありませんし、個人向け風力発電というのも存在します。
しかし、水力発電の場合は設置場所にかなり条件が付けられるほか、設備のメンテナンスが難しく、風力発電は設置場所には細かい規定はないのですがそれでも風が吹く場所に設置することが前提ですし、それなりに大型でなければ効率が悪いという弱点があります。
その為、パネルを設置したらどこでも最低限の電力発電が見込め、メンテナンスも比較的手軽である太陽光発電がもっとも広まっているというのが現状です。

太陽光発電を住宅に導入するメリットと様々な活用法